投稿規定

第1条 本誌は本学会規約に基づき、総説、報文、研究ノート、技術報告、資料、情報その他編集委員会が
    必要と認めたものを掲載する。
第2条 投稿は本会会員に限る。ただし、共著者はこの限りではない。
第3条 投稿は本会編集委員会事務局宛とし、到着日をもって受付日とし、審査終了日をもって受理日とする。
第4条 論文は和文または英文とする。ただし、英文について校閲料として実費を徴収することがある。
第5条 総説は、原則として編集委員会より依頼する。報文、研究ノートおよび技術報告は原著とし、
    他誌に未発表のものに限る。研究ノートは報文にまとめ得ないが、公表することにより学会に寄与するものとする。
    技術報告は、報文にまとめ得ないが、有用なデータを含み、本学会関連分野の技術向上に寄与するものとする。
    資料は、調査、統計などをその内容とし、本会員の研究に役立つものとする。
    情報は、解説記事、国内外の食品産業の動向、国際会議報告、研究所の紹介記事など本会員に有用なものとする。
第6条 報文その他の掲載は、原則として受理順とするが、その採否および順序は編集委員会の判断による。
第7条 編集委員会は、投稿原稿の内容および字句について不適当と認めた場合は、著者に訂正または検討を求めることがある。
第8条 再提出を求められた原稿は、返却日から2カ月以内に編集委員会事務局へ返却する。2か月以上経過した場合は、
    新規受付として取り扱う。
第9条 1)報文、技術報告、資料および情報は刷り上がり6頁以内、研究ノートは4頁以内(図、表を含む)とする。
    これを超えた場合は、1頁につき20,000円を徴収する。図はトレースをする必要のない鮮明な原稿を添付する。
    トレースが必要な場合およびカラー写真を掲載するときなどは実費を徴収する。
    2)審査終了後、編集委員会において英文校閲を専門機関に依頼する。なお、費用については実費を徴収する。
第10条 原稿は「投稿論文記載要領」(毎年1号に掲載)に従い作成し、原稿の他、鮮明なコピーを2部添付する。
    なお、原稿には和英両文の題目、著者名、所属などを記入した送状(学会誌に綴じ込みのもの)を添付する。
第11条 原稿はワープロソフトを用いて作成し、掲載可になった後、そのフロッピーディスクやコンパクトディスクを
    事務局へ送付する。
第12条 初校の校正は著者が行う。その際、投稿原稿は送付しない。
第13条 別刷りは実費を徴収する。
第14条 本誌に掲載された論文の著作権は日本食品保蔵科学会に属する。
付 記  原稿送り先は次の通りとする。
      〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
      東京農業大学 農芸化学科 食料資源理化学研究室内
      「一般社団法人日本食品保蔵科学会」編集委員会 事務局

                                            (平成22年5月22日一部改定)
                                             平成22年10月1日改正施行


 ◆複写をご希望の方へ◆
  日本食品保蔵科学会は、本誌掲載著作物の福者に関する権利を一般社団法人・学術著作権協会に委託しております。
  本誌に掲載された著作物の複写をご希望の方は、(社)学術著作権協会より許諾を受けて下さい。
  但し、当該企業等法人が(社)日本複写権センターと包括複写許諾契約を締結されている場合にあって
  は、その必要はありません。(図書館も許諾が必要です。)
  
  〒107-0052
  東京都港区赤坂9-6-41 乃木坂ビル3階
  一般社団法人・学術著作権協会
  FAX:03-3475-5619   E-mail:info@jaacc.jp

  なお、著作物の転載・翻訳のような複写以外の許諾は直接本会へご連絡下さい。
  転載利用許諾申請書

 ◆アメリカ合衆国における複写については次に連絡して下さい。
  Copyright Clearance Center,Inc.
  222 Rosewood Drive,Danvers,MA 01923 USA
  Phone:(978)750-8400 FAX:(978)750-4744
   HP:www.copyright.com/